calin vert

カラン ヴェル

calin vert(カラン ヴェル)

カランヴェル

新婦の持つブーケや会場装花などは、結婚式の印象を左右する重要なアイテム。そんな大切な花に関する制作や提案をしてくれるフローリストの後藤さんに話を聞きました。

この世界に入ったのは遅くて28歳ごろでした。それまでは、実はチューリップとバラくらいしかお花を知らなかったんです。

芸術大学に進学し、現代アートを専攻していた経歴を持つフローリストの後藤さん。いまの仕事に就いたのは「たまたまお花に出会ったから」と笑う彼女ですが、そもそも花の業界に入ったキッカケを尋ねると、花に癒された過去があったことを教えてくれました。
大学ではコンテンポラリーアートを専攻して、作品のコンセプト作りからそれを表現するまでを学びました。表現するツールは、平面でも立体でもなんでもよくて、いろいろな表現方法を模索しました。でも当時は花というツールの選択肢はまだありませんでしたね。大学を卒業してからは、インテリア系の大手雑貨店に勤めフロアリーダーとして日々仕事に追われていたのですが、あまりにも忙しすぎて心身共に疲れてしまって。その時ふと、フラワーショップに並んでいるお花を見て、“ただ咲いてるだけなのに気持ちを癒してくれてすごいな、健気だな”と思って惹かれたんです。たまたま、その花屋がスタッフを募集していたので働いてみようかなと。名前を知ってるお花はチューリップとバラぐらいだったんですけれど。
 
いざ始めてみると、お花をお渡しする時にお客様が笑顔になってくれるのがとても嬉しくて、小さな幸せを生み出せる素敵な仕事だと気がつきました。毎日お花と触れ合っていくうちにブライダルフラワーにも興味が湧き、専門の学校に行きなおしたり花の国家資格を取ったりしました。名古屋市内のブライダルフラワーを手掛けるお花屋さんでも3年ぐらい修業させていただきました。その後に、『NESTbyTHESEA』の前身である『海陽館』にフローリストとして入社し、現在はフリーランスとして独立しています。
calin vert(カラン ヴェル)

自由なウェディングの可能性は無限に広がります。様々なオリジナルウェディングを表現できるように、自分の感覚や感性も磨いていたい。

花に癒されたことがキッカケでスタートしたフローリストという仕事について、とても奥が深くて面白いと語る後藤さん。『海陽館』から『NESTbyTHESEA』へ移ってからは特に、フローリストとして感性を磨き続けることの大切さを痛感しているとも言います。
お花は季節ごとに出回る種類が変わっていきますし、それぞれに水揚げの方法や管理の仕方なども違うので奥が深いです。またブーケや会場装花などのお花は、結婚式の印象を左右するので重要なアイテムになります。
 
『NESTbyTHESEA』はアンティークの香りが漂う海辺のカフェ&ウェディングスペースです。この会場はシンプルで素朴な味わいを大切にした「プリミティブ・ウェディング」をコンセプトとしていますので、自由なウェディングの可能性は無限に広がります。挙式スタイルも演出も全て、おふたりの思い描くイメージをかたちにしていきますので、それぞれのご希望のイメージをお花で表現する上で“感覚”や“感性”はとても大切だなと思います。市場で売っているお花って、 基本的にはフローリストの誰もが手に入れられるものですが、その沢山の花々の中から何を選んで組み合わせて、どのように作り表現をするのか。それによって仕上がりが変わるのは、難しさもありますが面白いですね。
 
常にインプットの時間を設けて引き出しを増やして、様々なオリジナルウェディングを表現できるように、自分の感覚や感性も磨いていたいという意識は持っています。
calin vert(カラン ヴェル)
calin vert(カラン ヴェル)

結婚式へのワクワクする思いが湧いてきたり、“最高の結婚式だった”という思い出の中にお花があったり。

“フローリスト=花を使うアーティスト”のイメージもありますが、後藤さんは「自分はアーティストではないと感じている」と言います。その理由は何なのか? 実際の新郎新婦とのやり取りを聞くうちに、後藤さんの目指す理想のフローリスト像が見えてきました。
打合せは、お客様によって違いますが、基本的にはおふたりのイメージを先にお聞きします。どんな結婚式をご希望されているのか、ウェディングテーマがあればお聞きしたりもします。具体的には、これまでのデータサンプルをお見せしたり、ブーケやコーディネートのビジュアルがあれば共有させていただいたりして、頭の中のイメージにギャップがないように細かくお話しします。そこから『NESTbyTHESEA』ならではの飾り付け方とかお花の生かし方、お衣装、ご予算など、全体のバランスをみてご一緒にひとつずつ形にしていきます。
 
当日は、おふたりが思い描いたご結婚式の空間に満足して頂きたいと思っています。そして結婚式の準備中には、プロデュースしたお花のイメージからご自分たちの結婚式へのワクワクする思いが湧いてきたり、結婚式の後には、“最高の結婚式だった”という思い出の中にお花があったり、そんな風にも感じていただけたら嬉しいですね。
 
どちらかというと私の創る花は、独創的だったり主張が強いわけではなくて、全体的な調和やバランスのいい気持ちよさを目指しているので、アーティストっていう感覚とは少し違うのかなと思っています。とはいえ、おふたりの表現したいことがデザイン的に奇抜なセンスを求められるものだとしたら、それにも対応できる自分でいたいとは思っています。
 

結婚式当日は、新郎新婦とゲストの幸せの笑顔が溢れるかけがえのない一日に。
おふたりの笑顔が私のやりがいと原動力となります。

新郎新婦のイメージを形にするために丁寧な打合せを重ねるという後藤さんですが、ブライダルフラワーを手掛ける上で、大切にしている想いについて教えてもらいました。
calin vert(カラン ヴェル)
もともと私は『NESTbyTHESEA』オープン時の立ち上げスタッフなので、これまでこの会場の特性をふまえながら様々なウェディングアイテムや会場のコーディネートをお客様と創ってきました。実際のご結婚式での素敵な演出など、打ち合わせの際に参考にお伝えしたりもします。
 
例えば、ゲストをお席へご案内する席次表の代わりにエスコートアイテムをご用意される場合、テーブルナンバーと名前入りのドリンクカップをエスコートカップとして入り口に飾り、そのあとはドリンクバーでウェルカムドリンクをご自由に注いでいただく。潮風を感じる海沿いのテラスで、カップを片手に挙式までのひと時を楽しんでいただくのも、普段はcafe営業をしている会場ならではの演出ですよね。そんな風に『NESTbyTHESEA』の心地よい温かな空間に、おふたりのお好きなものやアイディアをたくさん盛り込んで、世界にひとつしかない結婚式を叶えていただきたいと思っています。
 
そして結婚式当日は、新郎新婦とゲストの幸せの笑顔が溢れる、かけがえのない一日になるようにサポートさせていただきます。やっぱりブライダルの仕事をしていく上で、私にとってはおふたりの笑顔がなによりのやりがいと原動力となります。
 

profile

「calin vert(カラン ヴェル)」

フローリストの後藤かづ美さんが代表を務めるフラワーアトリエ。「カラン ヴェル」は、フランス語で“緑の抱擁”を意味する。
 
INSTAGRAM:https://www.instagram.com/calin.vert/

item & people